お知らせ

お知らせ

お知らせ

多焦点レンズを使用した白内障手術の先進医療適応について

令和2年1月付の厚生省の発表で、多焦点レンズを使用した白内障手術の先進医療適応は3月31日で終了になると発表されました。

それ以降は選定医療となり、先進医療を使うことは出来なくなります。
つまり3月31日までに手術を完了していないといけないことになります。

当院における、白内障手術の予約待ち期間は約3か月となっておりますが、多焦点レンズ使用希望で、先進医療特約に加入されている方がおりましたら、なるべく期間内に手術を行って差し上げたいと考えております。


現在、3月の手術は満杯になっておりますが、手術日を増やして可能な限り対応はしていきます。


2月内に当院で受診して、予約をとられる方は何とか対応していきます。それ以降は対応しかねます。


なお、受診の際に、内科担当医の先生に白内障を受ける旨を説明し、手術を受ける許可をとっていただけるとスムーズに予約ができます。
当院の多焦点白内障手術はレーザー白内障機器を用い、また、約90%以上の患者様に乱視矯正付き3焦点レンズを使用しています。普通の単焦点白内障手術より丁寧に行うため、時間も併せて13-15分ほどとなります。
そのため、手術枠に限りがあります。
お早めにお問い合わせください。