眼内コンタクトレンズ(ICL)

眼内コンタクトレンズ(ICL)

最近、新しい屈折矯正技術として話題になっている「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」。“角膜を削らずに目の中にレンズを入れることで視力を取り戻せる”“日帰りでも手術が受けられる”といった良い評判を聞きますよね。

一方で、手術というと潜在的なリスクについても気になるところ。「もっと眼内コンタクトレンズ(ICL)治療の特徴について知りたい」「治療のリスクはないの?」など、治療への疑問や漠然とした不安を抱えている方もいるでしょう。

そこで今回は、「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」の特徴やリスクについて詳しくご紹介します。

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)治療とは

「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」は、角膜を削って視力を向上させる従来のレーシック治療とは異なり、角膜を削らずに目の中に直接レンズ(ICL)を入れることで、近視・遠視・乱視を矯正する治療法です。

ちなみに「ICL」は、生体適合性が高いシリコンやコラマーなどの軟らかい素材で作られたレンズを指します。幅広いレンズバリエーションがあり、強度の近視や遠視に対応したものや、中には紫外線をカットするレンズ、厚生労働省から認可を受けているレンズもあります。

手術時間も両眼20〜30分程度の日帰り手術で済むことから、最近注目を集めている新しい視力矯正技術です。一般的に行われている白内障手術をベースに、近視矯正法へと発展したものと言われています。

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)の特徴

ICLの手術手順 眼内コンタクトレンズ治療は入れ替え可能

角膜を削るレーシックとは異なり、「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」は角膜を削る必要がありません。そのため、「元に戻せる」ことが最大のメリットです。
例えばICL(レンズ)を挿入した後、度数やサイズの変更が必要な場合でも、入れ替えることができます。
また万一、不具合が生じた場合でも、医師によってICLを取り出すことができます。

 

ICLの手術手順 ドライアイになりにくい

角膜を削らない「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」では、角膜知覚の低下が起こりにくいため、レーシックよりも術後にドライアイの症状が起こりにくいのも特徴です。

 

ICLの手術手順 メンテナンス不要

一度施術したら、日々のメンテナンスは不要です。毎朝・毎晩の着脱の手間がありませんし、わずらわしさから解放されます。

 

ICLの手術手順 シャープでクリアな見え方

最近のレンズはハロ・グレア現象※が起こりにくく、日中も夜間も見え方が変わらないのも魅力です。さまざまな視力矯正手術の中で、日中も夜間も見え方が変わらず、シャープかつクリアに見えます。
ただし、対向車線のライトや夜間に強く光が差し込むような場所の場合、光の輪が出てくることがあります。
※ハロ・グレア現象とは、術後の角膜において光の屈折異常が発生することで生じる現象のこと。本来の光よりも眩しく感じたり、にじんで見えたりします。

 

ICLの手術手順 手術時間は20〜30分程度

手術時間がとても短く、日帰りが可能です。一般的に手術時間は両眼20〜30分程度で終わります。忙しい人にもおすすめの視力矯正法です。

 

ICLの手術手順 レーシックを受けられない方も施術可能

「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」は、レーシックのように角膜を削らないため、角膜が薄い、強度近視、軽度の円錐角膜などでレーシックが受けられない方でも施術が可能です。
ただし、年齢制限があり、大体21〜50歳までが対象です。例外として、老眼対策を考慮した度数合わせで医師が良好と判断した場合に、50~55歳程度まで適応になることもあります。

 

ICLの手術手順 ICL認定医が施術

資格がいらないレーシック手術とは異なり、「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」は認定を受けたICL認定医が行います。
術者は、ICL認定講習を受講して、さらに認定医インストラクター医師の立ち会いのもとで手術を行い、ICL認定を取得した医師だけが施術するので安心です。

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)の手術手順

  1. ①WEBから初診予約

    ご希望の日時を選択してください。

  2. ②初診予約

    確定のメールお受け取り

  3. ③コンタクトレンズ装用を制限して初診検査

    ソフトコンタクトレンズは検査前3日間、ハードコンタクトレンズまたは連続装用コンタクトレンズは検査前2週間装用中止してください

  4. ④初診適応検査

    手術の適応があるか判断するための眼の検査のほか眼に病気がないかなども検査します。
    散瞳(目薬で瞳を開いて検査)して眼底検査をしますので車の運転は出来ません。
    日本眼科学会認定眼科専門医の診察とマンツーマンのカウンセリングで疑問点や心配なことは何でもお尋ねください。

  5. ⑤ICL度数決定のための再検査

    手術後の視力に関わる大切な検査です。コンタクトレンズは引き続き装用を中止して検査を受けてください

  6. ⑥手術のための抗生物質点眼

    手術3日前から点眼してください。感染症予防のために大切な点眼です。

  7. ⑦手術当日

    手術前日まではコンタクトレンズは装用できますが、当日は眼鏡で御来院ください。
    付き添いなしでお一人で帰宅できますが、手術当日はかすんではっきりとは見えません、また異物感と涙っぽい感じがしますので早めに帰宅して眼を休めましょう。 手術当日は点眼がとても大切ですからしっかり使いましょう。

  8. ⑧術後翌日検診

    朝起床時には異物感もほとんどなくなり、かなりクリアに見えます。
    起きたらすぐにw点眼を始めてください。ご予約時間に御来院ください。

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)の費用

料金

•ホールICL 乱視なし 税込68万円
•ホールICL 乱視あり 税込78万円

料金はレンズの度数に関係なく一律となります
※片眼の場合は半額となります。
※前金として税込30万円を頂戴いたします。
※自費診療のため健康保険は適応されません。
保証期間
1年間(定期検診は術後1年以降も無料)
追加施術
レーシック追加矯正
1年以内 無料
1年以降 通常料金
レンズ入替え
1年以内 サイズ・度数変更とも無料
1年以降は通常料金の 50%
レンズ取り出し
期間に関係なく無料
定期検診
翌日、1週間後、1か月後、3か月後、6か月後、1年後、
以後1年ごとを推奨(全て無料)

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)のリスク

  • 度数ずれ

    「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」は、眼の中へ器具を入れたり、レンズの挿入を行います。そのため、術中・術後の感染症にかかる可能性は0ではありません。
    非常に稀ですが、炎症や角膜内皮減少、高眼圧、白内障などの合併症が起こった場合は、追加の手術処置が必要になることも。手術直後は、担当医師の指示によく従って生活しましょう。
  • 感染症リスク

    リスクというよりもデメリットですが、「眼内コンタクトレンズ(ICL)治療」は、自由診療なので費用が高め。
    両眼で平均70〜100万円程度が相場です。厚生労働省に認可された治療法ではありますが、レーシックと同じく健康保険が適用されません。
    ただし、保険会社によっては医療保険が適用されることもあります。詳しくは保険会社に問い合わせてみるといいでしょう。